大阪で解剖学を基にした社交ダンスを習うなら Avid Dance & Body Design!

「Avid」は「熱心な、貪欲な、献身的な」という意味。皆様の笑顔のために日々全力でレッスンいたします!

認知症予防には社交ダンス!

皆様おはようございます、森田幸典です♪

 

社交ダンス人気ブログランキング』は皆様の応援が頼りです!

引き続き、ブログを読まれる前に、一日一回こちらのバナーをクリックして応援お願いいたしますm(_ _)m

 

♪4月&5月 スタジオオープン1周年記念 入会金無料キャンペーン実施中♪

 

昨日、政府が認知症大綱の原案を有識者会議に示したそうです。

 

ニュースによると、70代の認知症の人の割合を減らすとのこと。

 

70代と言えば、ダンス界ではまだまだお元気な中心世代。

 

各地でおこなわれているパーティーでは皆様笑顔で快活に踊られ、70代のアマチュア競技選手の方も沢山♪

 

10~20歳お若く見える方も多くおられますよね(^-^)

 

認知症とは縁遠い方がほとんどかも?

 

各研究でも社交ダンスが認知症予防に最も効果があるかもしれないと言われています。

 

人生100年となった今、どれだけ健康寿命を延ばすことができるかが重要かと思います。

 

そのために社交ダンスが一役買えるはず!

 

 

以下、読売新聞オンラインより 

 政府は16日、認知症対策の新たな行動計画となる「認知症大綱」の原案を有識者会議に示した。予防と共生の取り組みを強化し、70代の認知症の人の割合を2025年までに6%減らすという数値目標を掲げた。来月の関係閣僚会議で大綱を正式決定する。 

 大綱は、介護なしで日常生活を送れる「健康寿命」を延ばし、社会保障費を抑える狙いがある。団塊の世代が75歳以上となる25年までの取り組みを打ち出そうとしている。

 認知症予防には、適度な運動や社会的孤立の解消が役立つとみて、運動教室や教育講座などに力を入れるよう自治体に働きかける。予防に効果があるとされるサプリメントを認証する仕組みも検討する。こうした対策を講じることで、70代の認知症の人の割合を19年からの6年間で6%減らす。70代前半は3・6%から3・4%に、70代後半は10・4%から9・8%に低下させることを目指す。

 国の認知症対策はこれまで、15年の「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」に基づき、認知症の人との共生に力点を置いてきた。今回、取り組みを認知症予防との2本柱としたうえで大綱に格上げする。

www.yomiuri.co.jp

 

 『社交ダンス 人気ブログランキング』にチャレンジしています!

ブログを読み終わりましたら、一日一回こちらのバナーをクリックして応援よろしくお願いいたしますm(_ _)m

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大阪 難波(なんば)、日本橋、千里(吹田・豊中)で社交ダンスを習うなら

Avid Dance & Body Design(アヴィッド ダンス アンド ボディ デザイン)

〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中2-1-18 丸丹ビル4階

TEL&FAX 06-6537-7732

ホームページ https://aviddance.com

ブログ https://aviddance.hateblo.jp

Facebook https://www.facebook.com/aviddance

Twitter https://twitter.com/aviddance

Instagram https://www.instagram.com/aviddance77

お問い合わせメール smiles@aviddance.com

レッスン予約メール k.morita0707@gmail.com

営業時間 月~土曜日(日祝休み)13~21時

※レッスン状況、競技会、その他イベント等により異なる場合あり

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆