身体の調律師。社交ダンス・競技ダンス上達請負人! Avid Dance & Body Design ♪

大阪市難波にある社交ダンス教室♪団体レッスンも充実しています◎長年の英国留学で身につけた技術と解剖学の知識を基に、皆様の笑顔のために日々全力でレッスンいたします!姿勢矯正、歩行指導、動作改善、ボディケアも承ります!

マスクで認知症に? あらゆる臓器にもダメージ? 心も育たない? いつまでマスクを着けるのですか?

皆様おはようございます、森田幸典です。

 

※冒頭のご案内等は消しています。

 

神戸大学競技ダンス部時代の先輩でもあり、東京でプロダンサーとして活躍されている金田智美先生が実験をされました。

 

あらら・・・。

 

何とも恐ろしい実験・・・。

 

これは不織布ではなく布マスクです。

 

布マスクですら直ぐに酸素が欠乏してしまうのです。

 

マスクの脳へのダメージについてはドイツの神経医・学者が警鐘を鳴らしています。

The reinhalation of our exhaled air will without a doubt create oxygen deficiency and a flooding of carbon dioxide. We know that the human brain is very sensitive to oxygen deprivation. There are nerve cells for example in the hippocampus that can't be longer than 3 minutes without oxygen - they cannot survive.

The acute warning symptoms are headaches, drowsiness, dizziness, issues in concentration, slowing down of reaction time - reactions of the cognitive system.

However, when you have chronic oxygen deprivation, all of those symptoms disappear, because you get used to it. But your efficiency will remain impaired and the under-supply of oxygen in your brain continues to progress.

We know that neurodegenerative diseases take years to decades to develop. If today you forget your phone number, the breakdown in your brain would have already started 20 or 30 years ago.

While you're thinking that you have gotten used to wearing your mask and rebreathing your own exhaled air, the degenerative processes in your brain are getting amplified as your oxygen deprivation continues.

The second problem is that the nerve cells in your brain are unable to divide themselves normally. So in case our governments will generously allow as to get rid of the masks and go back to breathing oxygen freely again in a few months, the lost nerve cells will no longer be regenerated. What is gone is gone.

I do not wear a mask, I need my brain to think. I want to have a clear head when I deal with my patients, and not be in a carbon dioxide-induced anaesthesia.

There is no unfounded medical exemption from face masks because oxygen deprivation is dangerous for every single brain. It must be the free decision of every human being whether they want to wear a mask that is absolutely ineffective to protect themselves from a virus.

For children and adolescents, masks are an absolute no-no. Children and adolescents have an extremely active and adaptive immune system and they need a constant interaction with the microbiome of the Earth. Their brain is also incredibly active, as it is has so much to learn. The child's brain, or the youth's brain, is thirsting for oxygen. The more metabolically active the organ is, the more oxygen it requires. In children and adolescents every organ is metabolically active.

To deprive a child's or an adolescent's brain from oxygen, or to restrict it in any way, is not only dangerous to their health, it is absolutely criminal. Oxygen deficiency inhibits the development of the brain, and the damage that has taken place as a result CANNOT be reversed.

The child needs the brain to learn, and the brain needs oxygen to function. We don't need a clinical study for that. This is simple, indisputable physiology. Consciously and purposely induced oxygen deficiency is an absolutely deliberate health hazard, and an absolute medical contraindication.

An absolute medical contraindication in medicine means that this drug, this therapy, this method or measure should not be used, and is not allowed to be used. To coerce an entire population to use an absolute medical contraindication by force, there must be definite and serious reasons for this, and the reasons must be presented to competent interdisciplinary and independent bodies to be verified and authorised.

When, in ten years, dementia is going to increase exponentially, and the younger generations couldn't reach their god-given potential, it won't help to say "we didn't need the masks".

How can a veterinarian, a software distributor, a businessman, an electrical car manufacturer and a physicist decide on matters regarding the health of the entire population? Please, dear colleagues, we all have to wake up.

I know how damaging oxygen deprivation is for the brain, cardiologists know how damaging it is for the heart, pulmonologists know how damaging it is for the lungs. Oxygen deprivation damages every single organ.

Where are our health departments, our health insurance, our medical associations? It would have been their duty to be vehemently against the lockdown and to stop it and stop it from the very beginning.

Why do the medical boards issue punishments to doctors who give people exemptions? Does the person or the doctor seriously have to prove that oxygen deprivation harms people? What kind of medicine are our doctors and medical associations representing?

Who is responsible for this crime? The ones who want to enforce it? The ones who let it happen and play along, or the ones who don't prevent it?

It's not about masks, it's not about viruses, it's certainly not about your health. It is about much much more. I am not participating. I am not afraid.

You can notice, they are already taking our air to breathe. The imperative of the hour is personal responsibility. We are responsible for what we think, not the media. We are responsible for what we do, not our superiors. We are responsible for our health, not the World Health Organisation. And we are responsible for what happens in our country, not the government.

www.sott.net

 

長くなりましたが、全てを引用いたしました。

 

英語なので読みにくいかもしれませんが、

「酸素が欠乏すると生きられない神経細胞がある」

「急性の警告症状として、頭痛、眠気、めまい、集中力の低下、反応時間の低下、認知システムの反応などがある」

「脳の故障は20~30年かけて進む」

「失われた細胞は生き返らない」

「子供達、若者達の脳は酸素を渇望しており、脳だけでなくあらゆる臓器に十分な酸素が必要である」

「マスクによって脳を酸素欠乏状態にすることは医学的に禁忌」

「10年後には認知症が増加している可能性」

等の旨を述べています。

 

京都大学脳科学者である明和政子教授はこのように警告を。

2020年5月、コロナ対策の一環として「新しい生活様式」が提唱された。あれから2年――ウイルスの弱毒化を指摘する専門家も多いなか、日本人の大半はいまだに「毎日マスク」の日常から脱却できていない。保育や教育の現場でも「密」を避け、顔をマスクで覆うことが、“感染対策”の名のもとに継続されているが、これらが子どもたちの心身の正常な発達を阻害するリスクについては黙殺されている。比較認知発達科学を専門とする京都大学脳科学者が提言する「脱マスク」への処方箋とは?

目次

まえがきにかえて 明和政子

第1章 「毎日マスク」で子どもたちの発達が危ない
「新しい生活様式」に潜む大きなリスク
1歳ぐらいでピークを迎える脳の「感受性期」
乳児は相手の口元に注目している
「サル真似」をするのはヒトだけである
「表情を読めない」子どもたち
英国では科学者の提言がリスペクトされている
子どもの発達には「密」が欠かせない
ドラえもんのび太くんに寄り添い、共感する理由
乳幼児期の「心地よい感覚」が脳を育てる
おじいちゃん、おばあちゃんとの触れ合い
「なんでもすぐ消毒」の弊害/急に「マスクを外そう」と言われても……
「早く撮影が終わってほしい、マスクをしたい」
学力さえ落ちていなければ問題ないのか
想像力をつかさどる前頭前野
成人しても脳は成熟しきっていない
ヒトがチャレンジできるのは思春期が長いから
「マスク世代」の子どもたちの脳はどうなる?

第2章 ポストコロナ時代を生きる子どもたちに何ができるか
マスクを外すこともひとつのハードル
自分の顔をさらけ出すことに対する不安
自己肯定感が低い日本の若者
中高生には「自ら考え、決断し、実行する機会」を与えるべき
不安を煽りがちな日本のメディア
横並びの感染対策はナンセンス
子どものメンタルケアにテクノロジーを導入する試み
個人のストレスには個別に対処することが大切
次世代に対する大人の責任
子どもの感性はどうなっていくのか
「みんなで育てる」ヒトの生存戦略
なぜ他人の子育てに関わるのか
子育てに向いているのは女性?
お父さんの「親性脳」はどうやって発達するのか
オキシトシンは女性特有のホルモンではない
身体で心をつなぐ
今こそ、大人の前頭前野を使おう
ポストコロナ時代を生きていくために

第3章 特別対談 明和政子×鳥集 徹
パンデミックで浮き彫りになった「子どもファースト」からかけ離れた日本の実態
マスクで感染が防げるのか
ほとんどの人がノーマスクだったカナダの街
「子どもファースト」からかけ離れた日本の教育現場
子育て経験に乏しい人たちが社会政策をつくっている
政府やマスコミが黙殺するワクチンの負の側面
データをオープンにすることが必要
子どもたちの描く絵から「鼻」が消えた
“絆”なしには生存できないヒト
環境がもたらす発達のリスク
日本人は集団に同調しやすい?
次世代を導く「師」が必要
「教育マシーン」では子どもの感性は育たない
クレーマーの言いなりにならないために必要となる知識
前頭前野の発達に関わる「身体体験」
「先生、先生」とくっついてくる大学の教え子たち

あとがきにかえて 鳥集 徹

マスク社会が危ない 子どもの発達に「毎日マスク」はどう影響するか? (宝島社新書) [ 明和 政子 ]

 

屋外でも9割以上の人がまだマスクを着けている日本。

 

それでも検査陽性者数は世界一。

 

世界の標準がこうなっているにも関わらず。

 

私も素顔になっての完全マスクフリーレッスンにしてから半年が経ちました。

 

団体レッスンはまちまちですが、個人レッスンは7~8割の方が素顔です。

※個人レッスンの方は当初よりマスクは任意。

 

それでもスタジオ内での集団感染はゼロ。

 

他所が原因である風邪症状の方はおられましたが、皆様すぐに回復されています。

 

言えることは、コロナで苦しまれた方よりも、遺伝子製剤接種後の副作用に苦しまれた方の方が圧倒的に多いということ。

 

接種してもウイルスに感染してしまっていますし・・・。

 

悲しいことですが、未だに後遺症を抱えられている生徒様もおられます。

 

何が正しかったのかも明らかになってきています。

 

オミクロンになってからはインフルエンザと同等かそれ以下の毒性。

 

いつまでこんなものに振り回されるのですか?

 

もうマスクを外して、人間らしい生活を取り戻しませんか?

 

社交ダンス 人気ブログランキング』にチャレンジしています!

励みになりますので、ブログを読み終わりましたら、一日一回こちらのバナーをクリックして応援よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大阪 難波(なんば)、日本橋、千里(吹田・豊中)で社交ダンスを習うなら

Avid Dance & Body Design(アヴィッド ダンス アンド ボディ デザイン)

〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中2-1-18 丸丹ビル4階

TEL&FAX 06-6537-7732

ホームページ https://aviddance.com

ブログ https://aviddance.hateblo.jp

Facebook https://www.facebook.com/aviddance

Twitter https://twitter.com/aviddance

Instagram https://www.instagram.com/aviddance77

お問い合わせページ https://aviddance.com/contact/contact.html

お問い合わせメール smiles@aviddance.com

レッスン予約メール k.morita0707@gmail.com

営業時間 月~土曜日(日祝休み)13~21時

※レッスン状況、競技会、その他イベント等により異なる場合あり

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆